こだわりのカレー派必見!?カレーライフを華麗に楽しもう!

2018年3月28日

カレーが入ってくるあの食器の名前は一体何?

子どもから大人まで幅広い層に人気があって親しまれている家庭料理といえば、やっぱりカレーです。市販のカレールーを利用するだけでは満足できずに、自分でスパイスを組み合わせて自作のカレーを作る、なんていう人も多いのではないでしょうか。

そんなこだわりのカレーを盛り上げてくれるキッチン雑貨といえば、アレ!レストランなどでカレーを頼むと、カレールーが盛り付けられて出てくる魔法のランプのような食器です。でもこの食器の名前を何というかわからない人も多いですよね。

イギリス生まれのおしゃれなキッチン雑貨

あのカレールーが入っている食器の名前は、「グレイビーボート(Gravy boat)」と言います。

グレイビーとは調理した肉からでる肉汁のことで、それをもとに作られたグレイビーソースを入れておくための専用の食器があのカレーの器です。食器の先端がボートの形に似ているので、「ボート」という名前が付けられたのだとか。日本ではソースポットや、カレーポットなどと呼ばれることもあるようですね。

イギリスが発祥の食器で、もともとはローストビーフのソースを入れる食器として使われていたものなんだそうですよ。

グレイビーボートで、いつもと違ったカレーを

なかなか一般家庭ではお目にかからないグレイビーボートですが、ステンレス製などの主に業務用のものが多く市販されています。

せっかくですから、腕を振るって作ったカレーをこのグレイビーボートに盛り付けてみてはいかがでしょうか?市販のルーを使った普通のカレーでも、グレイビーボートに盛り付けて出せばいつもと一味違った味が楽しめるかもしれません。

いかがでしたか?グレイビーボートのようなこだわりのキッチン雑貨をうまく使って、毎日のお食事のシーンを楽しみたいですね!

おすすめのキッチン雑貨で一押しは100円均一ショップでも購入可能なタイルへ貼り付けられるフックです。引き出しに入れておくと何かと面倒なオタマやフライ返し等を壁に掛けられます。