自分に合った方法を選択することが大事!様々なペットの購入方法

2018年3月27日

ペットショップを利用する

ペットの購入において最も多いとされている方法の一つがペットショップの利用です。需要の増加に伴ってペットショップの数も増加傾向にあって、自宅の近くなど気軽に訪れることができるのがメリットになります。

ペットショップでは自身の目で確認をした上で選べるのが特徴です。種類や年齢によって数万円から数十万円まで値段にバラつきがありますが、購入において特別な条件などないので誰でも購入することができます。

専門のブリーダーから購入する

世の中には個人でペットの販売を行なっている人もいます。ブリーダーと呼ばれるこの職業は、ペットの繁殖、販売をするのが主な仕事です。ブリーダーを利用するメリットの一つが値段の安さになります。お店で販売されているペットの多くはこのブリーダーから流通した物で、販売店を通すことで若干費用が高くなってしまうのは否めません。その点、ブリーダーであれば仲介業者であるペットショップを通さないため安い費用で買うことができます。

とはいえ、中には環境や健康状態が適正に管理されていない悪質なブリーダーもいるので注意が必要です。

インターネット使った通信販売で取引をする

パソコンや携帯電話の普及によってインターネットが身近になったことで近年需要が伸びてきているのが通信販売による取引です。

こちらはその名の通り専門サイトに売却したいペットの写真と値段を提示して、購入希望者が現れたら連絡を取り合って取引をする形になります。

この通信販売はペットショップやブリーダーはもちろん、個人で行なっているケースも少なくありません。自宅にいながら取引ができる気軽さがメリットの反面、値段の適正さについてや写真でしか状態を判断できないというデメリットもあるので注意が必要です。

子犬販売なら東京都が最適となっており、とても多い人口の地域ですので、子犬を飼いたいと言う方も多く、ペットショップも多くあります。