初めてのわんこ~新しい家族~を迎えるとき

2018年3月27日

犬を飼おう!わくわく!どきどき!

どんな仔にしよう。1日も早く迎えたい!と思う時、まず飼いたい犬種について調べることが大切です。犬には色々な種類があります。十分な運動が必要な仔の場合、仕事で疲れて帰ってきた飼い主さんが「ごめんね~。今日は5分でゆるして~」では、かわいそう。また毛が長くなる犬種なら、数か月毎にショップなどでのシャンプーとトリミングの予算が必要です(ご自分でできれば一番良いのですが)。よく吠える犬種をマンションで飼うなら、最初に厳しくしつけない限り、苦情の手紙をもらうことにも!またお正月に電車で帰省される方には、電車に乗れるサイズの犬種を選ぶことをお勧めします。

かかりやすい病気もある?

犬種によってはかかりやすい病気があります。愛らしい大きな瞳、ふわふわの長い耳・・・私は絶対キャバリアがいい!と思われる方も多いですが、キャバリアは心臓病になる確率が非常に高い犬種です。7才位で発症したとして、最後まで治療を受けさせてあげられるか、もしかしたら他の犬種より早くお別れになるかもしれないけれど、大丈夫かなど、ある程度の覚悟が必要です。キャバリアに限らず、犬種によってかかりやすい病気がありますから、それを調べることも大切です。

どこから購入したらいいの?

犬種を決めて受け入れ体制ばっちり!では、どこから購入するかですね。理想を言えば「親犬がわかっているところ」です。同じ犬種でも性格や容姿に個体差があります。ブリーダーさんと相談(間にショップが入るとしても)できるところからの購入がベストです。さらに、子犬は最低2か月は親元に!と言われています。生後3週間の仔犬を販売しているショップは疑問アリです。親兄弟と過ごしてしっかりと(犬の)社会性を学んだ仔犬を迎えましょう。

可愛い子猫が欲しいなら、東京都がオススメ。耳折れの可愛いスコテシュから、エキゾチックなオリエンタルまで、世界各国の品種が東京で手に入ります。子猫販売なら東京都へ!