ペットショップだけじゃない!ペットの購入方法

2018年3月27日

保護されたペットを引き取る

保健所や動物愛護団体には、様々な事情で捨てられたペットたちが保護されています。保健所に収容されたペットたちは期限を迎えれば処分される運命にあるため、可能であれば引き取ってあげましょう。保健所からペットを引き取る場合には、費用は一切かかりません。しかし、民間の動物愛護団体の場合は不妊手術の費用やワクチン接種費用が請求される場合があります。ただし、ペットそのものは無償で譲渡してもらうことができます。こういった場所で保護されているペットたちはその時々によって種類が異なり年齢も様々ですが、引き取って育てることは小さな命を助けることに繋がります。費用もペットショップに比べて安いため、ペット購入にお金をかけられないという方におすすめです。

ブリーダーから直接購入する

特定の血統のペットを希望する場合には、専門のブリーダーから直接購入するようにしましょう。生まれる前から足を運んで母親の様子を観察することで、自分の希望するペットが見つけやすくなります。生まれたての状態から慣れ親しんでおくと、家に迎え入れる際もスムーズです。間にペットショップを挟まない分、費用も安くなります。その血統に精通したブリーダーから育て方をレクチャーしてもらうこともできるため、初めてペットを育てるという人でも安心です。ブリーダーについては、誠実で信頼できる所を選ぶ必要があります。そのためにも、ペットを飼育する環境が清潔に整えられているかどうか事前にチェックするようにしましょう。ペットを商品のように扱っている心無いブリーダーは避けた方が賢明です。

子猫販売なら神奈川県、なぜなら、評判の良い子猫ブリーダー・キャッテリーが神奈川県にいるからです。そこでは、ペットショップを通さず直接販売するので、子猫に優しいと評価が高いのです。