増える屋上緑化!さまざまなメリットが得らます

2018年1月29日

進む緑化とその背景とは

屋上緑化への興味関心が高まっているのは、多くのメリットが期待できるという点が背景にあるからといえるのではないでしょうか。屋上緑化がここまでの盛り上がりを見せているのは、癒しを求めるという現代人の思いも込められていることは間違いないといえるでしょう。とりわけ、開発が進む都市部においては、屋上緑化への期待感が高まる傾向が顕著です。屋上緑化の人気にもつながっているのが、メンテナンスや手入れが極めて少なくて済むという点が挙げられます。忙しい現代人にとっては、嬉しい点といえるかもしれません。都市部の都道府県によっては、条例により、敷地内の緑化が義務付けられているケースもあります。企業やオフィスビル、工場のみならず、各家庭にも屋上緑化が浸透している理由にもなっています。

経済発展の一方で緑も大切

都市部を中心にした開発が進んでいるのが、日本を取り巻く環境といえるかもしれません。高層ビルやタワーマンションなどが次々と建設されるなどの動きがあちらこちらで活発化しています。その一方では、自然や緑を求める動きが見られるのも現状といえるでしょう。屋上緑化が話題を呼んでいるのは、そんな背景によるものです。平成16年に改正された工場立地法では、屋上緑化も緑地の面積として算出されるようになりました。人間が生活をしていく上では、自然や緑も必ず取り入れなくてはいけないという趣旨の条例や規則などが増えています。日本が経済発展していくことも重要ですが、屋上緑化などを通して緑を感じることができる環境づくりも大切です。

屋上緑化とは、積極的に建物の屋根や屋上に植物を植えることで、断熱作用や景観向上をもたらす緑化推進策です。都市のヒートアイランド抑制効果や冷暖房費のコスト削減などエコにも役立ちます。