腕時計。今はファッションアイテムとして!

2018年1月28日

腕時計をする機会減っていますよね!

最近では携帯電話の時計機能を使っているので、腕時計は使っていないって方も多いのではないでしょうか?、中には所有していないって方も。携帯だけではなく、車や家電、街中や電車内の掲示板など様々なところで時間を確認できるので、敢えて腕時計をする必要性は減ってきていますよね。私も殆ど腕時計を使う機会はないのですが、それでもたまに使う事があります。冠婚葬祭の時にファッションアイテムとして。久しぶりに腕時計を使ってみると気付かされることが幾つかあります。そんな事について、少し書いてみようかと思います。

改めて見直してみるのは如何でしょうか?

腕時計を久しぶりに使ってみると、専用なだけあって、とても便利な事に改めて気付かされます。腕をちょっと持ち上げるだけで、時間が確認できる。携帯ではそうは行きません。鞄やポケットから取り出し、スリープを解除。慣れてしまっていて疑問に感じなくなっていますが、これが結構面倒くさい作業だと改めて思ってしまいます。これを1日に何回もやっていると結構なストレスになっているのではないかとも思います。

そしてファッションアイテムとしての役割にも気付かされます。先程も述べたように、時間は色々な方法で確認できるようになった分、腕時計はファッションアイテムとしての役割が昔より増しているのではないでしょうか。服装に簡単にワンポイント加えられます。また、個人的には人と話などしている時に、携帯電話を操作したくありません。そんな時でも腕時計ならさっと確認できるので、スマートさの演出という意味ではファッションの延長上にあるのではないでしょうか。

みなさんも腕時計をもう一度見直してみては如何でしょうか?

ウブロはスイス高級時計メーカーのひとつ。日本国内でもスポーツ関係者からタレント、小説家と多くの有名人が愛用することでも知られています。天然ゴム素材のラバーベルトを使用するなど革新的な仕様が特長です。